健康野菜!ヤーコンを使ったレシピをご紹介

ヤーコンを使ったレシピをご紹介

健康野菜!ヤーコンを使ったレシピをご紹介
ヤーコンという名前を聞いたことがありますか?時々、自然食品のレストランなどではお目にかかることも増えてきている野菜ですが、あまりしょっちゅうスーパーで買えるものではないですよね。なかなか馴染みのない野菜と思われる方も多いかもしれませんが、少し甘いヤマイモに似た感じで意外と食べやすいものです。最近では、学者などからもかなり評価されている野菜として人気が出てきているもので、ぜひご家庭でも日常の食卓に取り入れていただきたいと思います。フランスでは、じゃがいものことを大地のリンゴという風に訳しますが、ヤーコンは大地の梨という訳がついています。それもそのはずで、生のまま食べると、しゃきしゃきした食感で、まるで21世紀などの梨を食べているかのような感覚です。しかし、お料理としても色々な調理方で楽しめるので、ここではヤーコンの美味しい食べ方をご紹介していきましょう。

レシピとしては、初心者には里芋の感じで煮物にすることをまずお勧めしたいと思います。まずはお鍋に薄くサラダ油などをひき、豚のひき肉をいためます。そこへ、革を剥いて洗ったヤーコンを切り、一緒に更にいためていきましょう。塩と砂糖、日本酒、みりん、しょうゆ、だしなどをかぶる位入れたら、落し蓋をしてことことと中火くらいで煮ていきます。あくをとりながら、弱火にしていき、竹串を刺してみてスーッと通るようになれば出来上がりです。お好みで水溶き片栗粉でとろみをつけても良いでしょう。もう一品のレシピは、おやつにも良いかもしれないものですが、短冊切りをしたヤーコンを油で揚げて、すぐにお砂糖をまぶすというシンプルなものですが、大学芋のようなかりんとうのような、不思議な食感が楽しめます。アンデス山脈から来たお野菜なのに、何故か子供の時に食べたような懐かしさも感じられるホッとさせられる1品ですよ。これは、熱いほうじ茶などと一緒におやつに頂きたいものです。

関連キーワード



Copyright(c) 2018 健康野菜!ヤーコンを使ったレシピをご紹介 All Rights Reserved.